自動契約機でキャッシングをするときの流れ

キャッシングを利用するときの主流となっている申し込みの方法が、自動契約機です。店舗に設置してあるので、出向く必要性はありますが直感的なタッチパネル操作なので、機械が苦手な人でも操作をすることができます。受付時間があるので、その時間内に契約をしなければいけないので注意が必要です。

申し込みの流れはとても簡単です。まずは、氏名、住所、職業、年収、他社からの借入といったさまざまな項目を入力していきます。このときに、意図しなくても虚偽の情報を入力すると審査に悪影響を及ぼすので注意しましょう。虚偽の情報を入力しても企業にはすぐにばれるので、正確な情報入力をこころがけましょう。途中でわからない箇所があれば、備え付けの電話でオペレーターに質問をすることができます。

情報の入力が終わると、次は提出書類を送信しなければいけません。これも自動契約機に備え付けてあるスキャナを使って行う事ができます。必要書類を提出したら、在籍確認です。個人名で電話をしてくれるので会社にばれる心配はありません。審査が全ておわると、無事にキャッシングを利用することができます。これが、キャッシングサービスの一連の流れです。

慣れていない人は、難しいと感じるかもしれませんが、時間的にはそんなにかかりません。現在は、消費者のニーズにあわせたキャッシングサービスが多くなっています。低金利や即日審査や女性専用のキャッシングサービスが増えてきました。